かいの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいの日記

出かけた場所やマドリーの試合についてぼちぼちと

レギア・ワルシャワ戦 1102

マッチレビュー

UEFA Champions Leagueグループリーグ第4節レギア・ワルシャワレアル・マドリー

結果は3-3のドロー

とにかくヒドかった。どこまで舐めれば気が済むんだって。

無観客試合ってことでモチベーションが上がらないのかどうなのか知らんけどとてもつまらなかった。高校生の練習試合でも、もっとちゃんとやるだろ。

昨日見たシティとバルサの試合がすごくおもしろかったからなおさら、ね。

ベイルのゴラッソや2点目のコバチのパス、同点弾のコバチのゴールは素晴らしかったんだけど。

とりあえずもうモラタ、ベンゼマ、ベイル、ロナウドを同時起用するの絶対やめてほしい。こんなのになるの想像つくでしょ

サイドバックが今回はコエントランだったけど、マルセロの偉大さを改めて実感する。

ナバスは昨シーズンに比べてとてもパフォーマンス落ちたよね。わりとガチでヒドイぞ。

ロナウドとモラタもなんも残らなかったし良くなかった。

コバチとカルバハルは、相手がどこだろうと全力で頑張ってる。そういう選手はやっぱり応援したいよね。

まあ1番問題なのはジダンのメンバー選考、交代メンバー。最初から最後までなにも理解できなかったぞ。これを機にもう二度とこんな舐め腐ったスタメン組まないでほしい。